先日、415日(土)は

初めての親子で参加できるワークショップ【WiSE KiDS Living

『日本のママを助ける!電子書籍を作ろう』を、まちなかキャンパス長岡で開催しました!

小学3年生の女の子と、年長さんの女の子がママと一緒に参加してくれました。

まずは、今回のテーマ『日本のママを助ける!』について話し合っていきました。

ふたりのママは、朝起こしてくれる??自分で起きる?そんな話から

ママがしている1日の家事を考えて…

・幼稚園に送ってくれる

・お風呂の準備

・朝ご飯を作る

・夜ご飯を作る

などなど挙げてもらいました。

その毎日の家事の中で、ふたりのママも、私も、そしてたぶん日本中のママが、時々すごーく困るコト。

それは、

『今日のご飯、何にしようかな…』

これは絶対にママあるあるですよね?!

ということで、そんなときにママを助ける本があったら、ママは助かるし、みんなも嬉しくなる!

そんな本を作ろう♪ということに。

ふたりのママも「それはすごく助かる!」と言ってくれて、ふたりは一生懸命考えてくれました。

WiSE KiDS Livingのアイディア会議でも、

アイディアをポストイットに書いて、ホワイトボードにいっぱいペタペタ貼っていきます♪

手を挙げて発表するのが恥ずかしい子でも、

書いて貼ることが楽しくなって、どんどんアイディアが出てくるし

お友達のアイディアを見て新しいアイディアが思い浮かんだり

考える楽しさと発想力を育むことができます。

そして、おやつタイムをはさんで、出してもらったアイディアの中から

電子書籍にするものを選んで原稿を描いていきました。

日頃から工作やお絵描きが大好きという小3のゆきちゃん。

とっても丁寧に上手に描いて、文章も一生懸命考えて書いてくれました。

年長のまいちゃんも、工夫しながらとっても上手に描いていました。

あっという間の2時間、ふたりとも、とっても楽しんでくれたようです♪

ふたりのママは、

「今夜のメニューが決まって、さっそく助かっちゃいました!」

「普段は知ることができないこども達の頭の中を見れました!」

と喜んでくださって、ゆきちゃん&まいちゃんも嬉しそうでした。

普段とはちょっと違う親子のコミュニケーションで、

いつもは聴けないこどもの発想を聴いたり見たり、

こども達も、いつもとちょっと違うママとの会話が新鮮だったり

ママの役に立った!という嬉しさがあったり

楽しいひと時になったかなと思います♡

皆さんも、いつもとちょっと違うけど、おうちの『Living』のような感覚で

WiSE KiDS Livingに親子で参加してみませんか??

次回は、

『日本のママを助ける!電子書籍を作ろう』第二弾を

6月に、まちなかキャンパス長岡で開催予定です!

その他エリアでも

ご要望がありましたら、どこでも開催いたします!

ぜひぜひお気軽にお問い合わせください。