クラウドファンディング
【考える楽しさ】を育むノートを作って全国のこども達の“考えるチカラ”を伸ばしたい!
 
 
今回は、LaBの活動・想いに共感くださり、2018年に何度か親子ワークショップを開催させていただきました、大阪府池田市のプログラミング教室 NPO法人ロジカ・アカデミー 理事の草場さまより、今回の推薦コメントをいただいたので紹介させていただきます!
 
アプローチは違えど、未来のこども達のための教育を真剣に考え、活動する想いは同じです。
  
 
子どもが社会人として、いきいき働く姿を見たい!
私たちは、WiSE KiDS LaBさま同様、子どもたちが社会の主役となる20〜30年後、国内外問わず社会で活躍できるよう、学校教育では満たせないスキルを身につける機会を提供したいという思いから、とりわけプログラミングを中心としたICT教育の普及・促進に尽力しております。
 
 
代表の田嶋さんと私は、共に小学生の子どもを持つ親であり、奇しくも同じ大手IT企業に在籍した経験があります。
 
お互い、親としての思いや社会人としての経験から、「今までの学歴社会に乗っかった教育だけでいいのだろうか」「これからの子どもたちが活躍するために必要なスキルって何だろう」という悩みに対して、田嶋さんは東京、私たちは大阪でお互い異なるアプローチからスタートアップしました。
 
不思議なことに「思い」というのは引き寄せ合うもので、このご縁をいただけたことを本当に嬉しく思っております。
 
 

田嶋さんが提唱するプロジェクト型教育は、実は私たちが行っているプログラミング教育との親和性がもっとも高いのです。
実際に様々なシステムやアプリの開発は、ひとつのプロジェクトとして、様々な人たちが集まってスタートしクローズしますが、もしそのプロセスを子どもの頃から楽しみながら身につけられたら、それはホントに素晴らしいことではないでしょうか。
 
なぜなら、大人になっても、ワクワクする仕事に携われた時はホントに「楽しい!」と感じるからです。
 
そして、親なら誰しも、子どもが社会人としていきいきしている姿を見るのがもっとも報われたと感じる瞬間ですよね!
 
子どもたちが自ら楽しく仕事ができるスキルを無理なく習得できるよう考え抜かれたこのプロジェクトが、子どもたちの将来のために最大限のサポートをしたいという私たちと同じ思いを持つ方々に届くよう心から祈念しております。