こどもだけでなく
むしろママ・パパを悩ませる夏休みの宿題…
 

【自由研究・自由課題】

 

何をしたらいいか解からない
何のためにやるのか解からない
どうやったらいいか解からない

 

苦手なこども達は
こんな気持ちかなって思います。

 

それはたぶん…

 

1) 目的が解からない
2) 選択肢がないと解からない
3) アウトプットイメージがない
 

 

ということは、
この3つが解決すれば
自由研究・自由課題も
楽しく取り組めるはず!

 

自由研究・自由課題は
 

主体的に
テーマを決めて
仮設を立てて
検証して
アイディア・意見・考え・想いを
アウトプットする
 

プロジェクト教育なんですよね。
 

これが目的。 

 

ということで、オススメなのが
『かんがえるのき』ノートなんです♪
 

『かんがえるのき』は、

こども達の
「好き」「なぜ」「興味」をタネにして
アウトプットイメージを具体的に設定し、
アイディアの枝葉を広げて、
アウトプットする

 

 

プロジェクト型教育の
フレームワークとして考案しました。
 

 

要するに
考える→アウトプットするための
「設計図」なんです。
 

 

自由研究・自由課題も
設計図さえ書ければ、
楽しくなりますよ。 

 

まずは、タネから。

 

こどもの好きや興味・疑問をテーマとして
タネに書き込みましょう。

 

そのタネから
アウトプットイメージを
具体的に設定して、
幹に書き込みます。
  

・何を調べて、どんなふうにまとめるか?
・何をどんなイメージで創るか?
  

「具体的」であることがポイント。
具体的に設定すると、
次の枝葉のアイディアが
いっぱい広がります。

 

アウトプットイメージ
=幹が決まったら、

 

それを軸に
枝葉のアイディアを広げていきます。
 

・何を調べるか?
・材料は何が必要か?
・こうかな?と思ったこと(仮設)

 

など、
さらに具体的に考えて書き込みます。

 

これで
自由研究・自由課題の
『かんがえるのき』
=設計図のできあがり!

 

あとは、右ページに
スケジュールや
調べたこと
さらに具体的に考えた内容など
自由にメモしていって

 

アウトプット=最終表現
に繋げていくことができます。

 

『かんがえるのき』ノートは
絵本みたいなので
ワクワクしながら
フレームを埋めていきたくなるので
楽しく「具体的に考える」ことができます。

 

ぜひぜひ
『かんがえるのき』ノートを
活用してみてください♪

 


通販アプリBASEで販売中!
https://wisekidslab.thebase.in/

 

 

ちなみに、 

そもそも
テーマが決まらない!
アウトプットイメージがわかない!

 

という場合は、
まず【選択肢】を増やす必要があります!
 

【選択肢】については
次回投稿します!