9月1日に初開催した葉山での親子ワークショップ。

 

 

この日は、小学3年生の女の子Sちゃんとママ、

大人参加でシンガーソングライターで

音楽プロデューサーの小田ルイさんが参加してくださいました。

 

 

親子ワークショップでは

最初にインプットとアウトプットの

お話をさせていただいています。

 

 

税理士として起業されたママさんや

ルイさんの曲作りの話もシェアしていただきながら

 

アウトプットとは?

アウトプットの重要性・多様性

アウトプットするために必要なこと

 

など、こどもに大切さが伝わるように

たとえ話をしながらアプローチしています。

 

 

そして、

【かんがえるのきノート】を使って

「好き」を種にして、

アウトプットイメージを幹に具体的に設定して

枝葉にアイディアを広げていくワーク。

 

 

将来の夢はファッションデザイナーという

Sちゃんが大好きなものは「ファッション」

と、すでに種が決まっていたSちゃん。

 

じゃあファッション雑誌を作ろうか?!ということになり、

白い絵本を特別にプレゼントしました。

 

 

白い絵本を使って

「小学3年生のためのファッション雑誌」

を作ることに。

 

 

枝葉には

どんなページ構成にして

どんな情報を載せていくか

とっても一生懸命「夢」を膨らませていきました。

 

途中アイディアが煮詰まったときだけ私はファシリテーションします。

 

それも、答えを言ったり押し付けるのではなく

Sちゃんのアイディアを引き出す言葉かけだけ。

 

「このファッション雑誌の編集長はSちゃんだから

こんな日にはこんなお洒落をして楽しもう!

みたいな提案をしてもおもしろいんじゃないかな?」

 

すると、Sちゃんはすぐにアイディアが浮かび、

かんがえるのきノートに書き込んでいました。

 

 

そして、

完成したかんがえるのき。

 

かんがえるのきを書き込むと、

アウトプットしたくなる!

 

ということで

Sちゃんはさっそく残りの時間で

白い絵本の表紙をデザインしていました。

 

 

「楽しかった!!」と

可愛い満足げな笑顔を見せてくれて

大切そうにかんがえるのきノートと表紙を描いた絵本を

しまっていました。

 

 

ママさんからも

—————————————–

 

素敵な場所で、私も娘もリラックスして楽しんでいました。

 

私にとっても素晴らしい学びになりました。

ワクワクな気持ちを形にしていくこと、とても楽しいですね。

親子で参加できて良かったです。

 

—————————————–

 

とメッセージをいただきました!

 

 

Sちゃん、ママさん、ありがとうございました♡

 

ワークショップ終了後には

みんなで一色海岸までお散歩して

海を見てからお帰りいただきました。

 

楽しかった!

 

 

次回の葉山ラボ

親子ワークショップは11月3日(日)に開催予定です。

 

11月より毎月一回開催いたしますので

気になる!!

ノート使ってみたい!

という方はぜひぜひ一度お越しください。